トップイメージ
10年の歳月
10歳のお誕生日おめでとう。私が子を産んでから10年が経った。思い起こせば、色々なことがあったこの10年だったが、10年というのはひとつの節目の年だろう。幼かったKAZも10代の少年になり、思春期に突入する。10歳まではゆっくりゆっくり育ってきたような感覚を受けるが、これから成人するまでの10年は、恐らくとても短く感じられるのではないだろうか。

中学、高校、大学・・・私は彼の未来をたびたび想像する。自由な環境のもと、学友たちと良き青春を過ごす彼の姿を思うと、わくわくする。そして、社会の役に立つ立派な青年に成長したKAZ。中高時代は人格形成に最も影響があるとされる時期。学校選びとしては、暴力教師のいない学校が基本中の基本。それなのに・・・。これだけ体罰が社会問題化されていて、近所の公立中学校にはまだ、このような暴力教師が存在するというではないか。それどころか小学校にも・・・

私は時々、私立中学の校長先生方の講話を聴きにいくのだが、皆さん立派な教育理念をお持ちで、体罰も許さないとはっきり仰っている。もちろん、公立中学の校長先生も体罰は許していないんだろうし、私立でも暴力があるところもあるかもしれないけれど。

KAZも、あと半年後には小学5年生になる。先日、塾の保護者会ではっきり言われたのだが、実はこの「5年生」がヤマ場なのだそうだ。5年生で塾をやめる、あるいは受験そのものをやめてしまうお子さんも少なくないらしい。「これを乗り越えられるかどうかなんです!」と熱く語る塾長。うちは乗り越えられるだろうか?
10代になったKAZの試練はまだまだこれからだ。
[PR]
# by o-chuck | 2013-10-01 10:56
今年の夏も忙しかった
忙しかった夏期講習が終わり、残り少ない夏休みを自宅でのんびり過ごしている私たち。塾の課題で忙しく、学校の宿題は二日前にやっと終えたばかりである。やれやれ。それでも忙しい合間をぬって、ディズニーシーやナンジャタウン、東京ドームシティに遊びに行ったり、長野県のある森で、ペルセウス座流星群の観測も行った。

またKAZは、ラジオ体操も全日出席した。おじいちゃんは半分、私は一日だけ出席した。近頃は、全部出席する子どもは非常に少なく、一日も参加しない子どももいるほどだから、KAZは真面目だなあと思う。しかし、実は夏期講習は1日だけ欠席した。なんと、手足口病にかかってしまったのだ。この病気はインフルエンザと違い、熱が下がればすぐに登校してもよい。そのため、長期欠席とはならなかったのがよかった。

今年の夏も、KAZは一生懸命勉強を頑張った。世の中には、これだけ勉強を頑張る子がいる。うかうかしていたら、教育格差が広がるんじゃないかな?
[PR]
# by o-chuck | 2013-08-29 17:36
成績も山あり谷あり
現在の下位クラスは上位クラスとは違う講師陣になり、授業の雰囲気も変わってしまった。下位クラスに落ちてしまったKAZは、「新しい先生は面白くていいんだけど・・・ちょっと物足りない。」と言う。今までいた上位クラスとは異なり、小テストで悪い点を取っても先生は、「いいんだよ。次、頑張れば。」と言うだけで、平均点は発表せず、ユル~イのだそうだ。

そりゃそうだろうと思う。大人だったら、下位クラスにユルさが漂うのはある程度予測できるが、子どもはそうは思わなかったようだ。本人いわく、聞いてがっかりするかもしれないけれど、平均点は聞きたいのだそうだ。そして、切磋琢磨できるライバルが欲しいが、下位クラスにはいないという。「いつも僕が一番早く問題を解くんだよ。」と話す彼の表情は決してうれしそうではない。

「つまらない。」、KAZはいつしかそうボヤくようになった。つまり、ここは、自分の能力を十分に発揮できるクラスではないということか。そんな中、先日ついに迎えたクラス分けテスト。成績によって、一気に上がるチャンスもあれば、一気に下がる可能性もある、ドキドキのテスト。

正直なところ、私はKAZが、またトップクラスに戻れるとは思っていなかった。低学年ではトップでいられたが、高学年は一筋縄ではいかないと思っていた。なんとそれがだ。ひとつかふたつ、クラスが上がれば十分・・・と思っていたのに、まさかまさかの高得点!偏差値も久しぶりに60点を越えた。

そして、見事トップクラスに返り咲き。まさに飛び級だ。わが子ながら、なんと素晴らしいことか。とはいっても油断は禁物。でも、これで自信が持てた。KAZは高学年になっても大丈夫。素質がある。これから超難関校を目指す。やはり、彼の能力を、地元の公立中学で埋もれさせてはいけない。親として、彼に素晴らしい教育の場を与えよう。
[PR]
# by o-chuck | 2013-07-17 13:41
世論調査の調査員
先日、私に「世論調査にご協力ください。」と調査員の方が来られた。その調査員が何とも世間話が好きな方で、聞いてもいないのに、「あちらのお宅の奥様も選ばれて答えてもらったんです。ご主人も以前、選ばれたことがあるんですよ。」という。更に、「ねえ、ご存じ?その奥様のお腹の赤ちゃん、女の子なんだって。」と、他人の子どもの性別まで教えてくれるのだ。

まったく・・・ご近所の子供の性別を、なんで会ったばかりの調査員から聞かされるのか。しかも、「お宅は男の子?やっぱり女の子が欲しい?」と聞く。いったい何の調査なのか。私が「息子がかわいいから、特に女の子は欲しくはありません。」ときっぱり答えると、調査員は「あら、そう?」
そうだ、男の子でも女の子でも、かわいいものはかわいいのだ。

「うちの娘は男の子が2人いるんだけど、女の子が欲しいと言ってるの。でも、次も男の子だったら・・・って躊躇してるみたい。ほら、男の子3人って大変でしょう?」と、調査員は尚も続ける。確かに、世の中にはそういう方もいらっしゃるだろう。「女の子が欲しいのに男の子ばっかりで・・・」やその逆も。しかし、私が思うに、男の子だって十分かわいい。

いや、もっと言えば、「~~だからかわいい」のではなく、KAZはかわいい。実のところ、私にだってわからない。自分の子だからかわいいのか、男の子だからかわいいのか。そんなのわからないけれど、別にわからなくてもいいではないか。とにかく、私たち夫婦はKAZがかわいくてしょうがないから、他に子どもが欲しいかと聞かれても、「欲しくない。」と答えるのだ。

調査員は、「お宅のお子さんはご両親に愛されているのねえ。それが一番よ。娘には、両親に愛されて育った男性と結婚しなさいって言ってるの。お子さん、素直にまっすぐ育っているでしょ?それが一番よ、本当。」と言いながら帰って行った。
もちろん、ちゃんと本来の調査もしてから。
[PR]
# by o-chuck | 2013-06-27 13:12
どうすればいいのかな
4年生になって、KAZの成績がどんどん落ちていき、先日、ついに下から数えた方が早いクラスになってしまった。私は、これはどうしたものかと毎日頭を抱えている。算数はまあまあいい。国語はちょっと・・・理科はよくないなあ。社会なんてもう最悪。こんな具合で、4教科合計はかなり低い結果となってしまった。

最近、KAZの同級生たちも塾に行き始めているからか、母親同士の集まりになると、話題は成績や高校進学の話になってくる。「中学では、校内で20位以内に入ったら、県内のトップ3の高校に入れるらしい。」、そんな話を耳にすると、20位以内に入るのって大変そうだなと思った。

KAZなんて下位クラスだもんなあ。息子は賢いなんて、これから先、口が裂けても言えないなあ・・・


「私立(中学)狙いじゃないの~?」と、あるママが、子どもを塾に行かせているママに言った。そのママは、「ええ~、そんな全然!」と大げさに否定していた。何だか腹の探り合いみたいに感じた私は、矛先がこちらに向かう前に失礼することにした。最近は子ども同士でも、「おまえ、受験するの?」と聞いてくる世の中だ。それだけ、中学受験が多いということなのだろう。しかし、ここら近所ではまだ、中学受験組は異質なのかもしれない。

それにしてもだ。茶化すように、「私立狙いじゃないの~?」と言われたら、少し不愉快に感じる。私は真剣に子どもの将来を考え、受験を真面目にとらえている。実は、明日も来週も、塾主催の学校説明会に一人で参加する予定だ。どこの学校がKAZに最も適しているか?憧れに近い目標校はあるが、現実に目を向け、塾の先生と面談を重ねて希望校を探していく。
[PR]
# by o-chuck | 2013-06-21 11:37
母親の仕事
KAZが図工で使用した絵具のパレットを洗っていて、ふと思った。「これも、母親の仕事なんだよなあ。」と。KAZが通う小学校では、汚れたパレットを学校で洗ってはいけない決まりになっている。だから、家に持ち帰って洗うわけだが、この地味な作業も子育てのひとつなのだ。

以前から考えていたが、私にとって子育ては「仕事」だ。趣味や娯楽、愛玩などでもない。責任を持って、子どもを一人前の社会人に育てなければならない。他人が聞けば、「なんとも堅苦しいことを言っている。」と思われそうだが、私は本当にそう思うのだ。もちろん、「仕方なくやっている仕事」でもないし、「生活のためにする仕事」ということではない。

子育ての大半が、このパレット洗いのような、地味~な作業の連続だろう。雨が降れば、傘を持って迎えに行き、忘れ物をすれば、学校まで届ける。息子が一人前の大人になるために、「陰で支える」のが私の役目。PTA役員も子ども会の係も、「母親」の仕事。こうなったら、職業欄に「主婦」ではなく、「母親」と書きたいぐらいである。

しかし、上履き洗いだけは、KAZの仕事として、小学2年生の時からずっとさせている。

それは教育の一環。
[PR]
# by o-chuck | 2013-06-11 11:55
子どもを預かる責任
私が行っているPTAの職務を簡単に言うと、「よそ様のお子さん方を預かること」だ。子ども同士のトラブルの仲裁や見守り、声かけ、雑用など、仕事は多岐にわたる。数多くあるPTAの職務の中でも、最も人気のない職務で、毎年引き受けてくれる人を探すのが一苦労な状況。始まった当初はボランティアだったらしいが、あまりにも引き受けてくれる人がいないため、今年からPTA組織に組み入れ、強制的に人を集めた次第である。

この仕事はなぜ、こんなに嫌われるのだろう?多いときは週に2~3回呼び出されるからだろうか・・・と思っていたが、ここ数日、原因はそれだけじゃないなと考えるようになった。要するに「重い」のである。子どもたちが大勢いれば、あちこちでトラブルが生じるのは当たり前。保育資格も小学校教員資格もない、子育て歴9年のママというだけでは、よそ様の子どもたちを預かるのは怖いし、責任が重い。

健康な子ならまだいい。だが、中にはそうでない子も含まれていて、「何かあった時、誰が責任を取ってくれるのだろうか・・・」と不安になる。PTA組織のひとつとはいえ、「放課後こども教室」は学校行事ではない為、学校とは無関係という、立場的には「ボランティア」である。

それでも、それが、志を持つ人たちのボランティア集団ならいいが、大半は、少なくとも私は、「本音はやりたくないけれど、やらなければならないPTA役員」の精神で務めている。それなのに、原則学校は運営には立ち入らないという姿勢では、もし、私の不注意で事故があった時、私が、あるいは部長が、保護者から責められる・・・?

保護者からの、びっしり書き込まれた「わが子に対する注意事項」を見て、一気に不安に襲われた。

重い・・・重すぎる・・・

子どもを預かるというのは非常に責任があることで、それが例えボランティアであっても、仕事であっても、変わらないということを改めて認識した。仮に、私が責任を追及されることがなかったとしても、罪悪感は残るだろうし、その後の人生にも影響が出るだろう。そう考えると、「放課後子ども教室」が人気がないのはわかる気がする。
[PR]
# by o-chuck | 2013-05-28 11:25
最近低迷中
相変わらずKAZの成績は低迷中ではあるが、彼の頑張りは偉いと思っている。学校から帰ってくると、ランドセルを置いてすぐ遊びに行ってしまうのだが、夜の短い時間に一生懸命勉強している。「もう寝たら?」と睡眠不足を心配する父親に対し、「いや、もうちょっと。これをやり終えるまでは・・・。お母さん、今日は音読の宿題はなかったよね?」と言う。私も、「えっと、連絡帳には書いていなかったと思うけど・・・確かめてみるわ。」などと言い、まるでKAZのスケジュールを管理している秘書っぷり。

遊びに行かなければ早く寝られるのに・・・と、私は内心思っているが、遊びたい盛りの子供には無理なようだ。それなら、早朝に起きてやればいいとも思うが、頑固な彼は、夜のうちにやってしまいたいのだそうだ。PTAの役員の職務に疲れ、こっくりこっくりしている私の横で、彼は姿勢を正して集中している。「偉いなあ、KAZ君は・・・」と、おじいちゃんがいつも口にする言葉が、私も自然に出る。

最近、毎週毎週、半日役員の仕事でつぶれてしまうのは、大変だと感じるようになった。前日塾の送り迎えで帰宅時間が遅く、翌日も遅くなる。役員の仕事が終わって家に帰れば、おじいちゃんが夕飯を待っている。何もせず、ただ夕飯を待たれる人がいると思うと、とてもストレスに感じる。早く一年経たないかなあ、早く職務を解いてもらいたいなあと思ってしまう。まだ、5月なのに。
[PR]
# by o-chuck | 2013-05-24 11:15
PTA活動
一時期、塾をやめたいと言っていたKAZだが、先日、塾を6年生まで続けると言い出した。私は、受験をやめさせることも考えていたが、塾の帰りにボソッと「6年までやるよ。」とKAZは言った。何が彼をそう決心させたかはわからない。だが、それからは、「塾をやめたい。」とは言わなくなった。

現段階としては、彼がやる気になったのなら、私は今まで以上に彼のサポートを行うつもりだ。KAZが通う小学校では、子供が在籍中に、必ず一度はPTA役員をやらなければならない規則がある。その為、来年以降、私も受験で忙しくなることを見越し、今年度のうちに学校のPTA活動を引き受けることにした。

ひと口にPTA活動といっても仕事は色々あり、私は「子ども放課後教室」の運営に携わる仕事を担当する。学校が、放課後に子どもたちの安全な居場所(遊び場)を提供するというもので、どうせやるなら、子どもたちと直接関わることをやりたかったのだ。

残念ながら、4年生になったKAZは、「そんな、わざわざ居場所をを学校から与えてもらわなくても、自分で自由に友達と遊ぶさ。」と言い、彼は参加しないという。だから私は、よその子どもたちと接するわけだが、それもまた楽しいだろう。
[PR]
# by o-chuck | 2013-04-23 11:37
もう少しだけ
先日、私立中学受験に否定的な書籍を読んだが、今回は私立中学受験を薦める書籍を読んでいる。読んでいて非常に共感できる箇所がいくつかある中で、「え?そうなんだ・・・」と、私が知らなかった情報もあった。それは私が最も知りたかった情報、カリキュラムについてだった。

ある有名な私立の学校を例に挙げていたが、そこは中学3年間の内容を1年で終わらせ、高校の内容を4年かけて行うそうなのだ。そして、残りの1年は受験対策。中学3年間をたった1年で!というのには驚いたが、高校の内容を4年かけて行うなんて丁寧だなとも思う。

確かに、公立の小学校のカリキュラムはゆっくりゆっくりで、「こんなにのんびりでいいの?」と心配になる。実際、KAZも物足りなさを感じている。公立中学は知らないが、それほどハードで難しい内容でもなかろうと推測する。

昔、公立の名門高校に進学した知人によると、「中学まではできたのに、高校からいきなり難しくなって成績が下位になった。」と言っていた。そうすると、本にも書いてあったように、公立中学まではのんびりしたカリキュラムだったのが、高校からいきなり難しくなって面食らう。」というのは、案外本当なのかもしれない。

とにかく、だ。KAZが通う塾のハードさは相当である。だから私も色々悩み、知人に愚痴ったり、時には何もかも投げ出したくなる。塾なんてやめさせちゃって、「勉強しろ。」と言うのもやめて、最後は子どもの自己責任!ってことで。

ああ、KAZには所詮受験なんて無理だったのよ・・・
私が間違っていたわ。もう、のんびり自由にやりなさい。ハードな勉強はもうやめて、これからは我が家もゆとり教育で行きましょう!

こんな投げやりな気持ちに駆られることもある。だが、いまだにそれを実行できないでいるのは、私の中に「もったいない。」と思う気持ちがあるからだ。KAZは恵まれている。彼は塾内上位三分の一の成績で、今までは最上位のクラスにいて、表彰状を過去に二度もらうほどの実力がある。特に算数は優秀で、ひらめきもある。磨けば輝く原石のようなものなのに。今ここで、あきらめちゃっていいの?

尚且つ、私立中高一貫校に行ける環境も整っている。苦しいだろうが、彼にはもう少しがんばってもらいたい。しかし、そう思う一方で、勉強の大変さから解放してやりたいとも思う。最後の最後は、塾の先生と相談して決めるが、今はもう少しだけ、もう少しだけ・・・。
[PR]
# by o-chuck | 2013-04-12 11:56