トップイメージ
春節の憂鬱
今年は2月9日が春節だ。私たちにとっては初めての春節。「中国で、しかも爆竹が許されている大連で春節を過ごせるなんて羨ましい!」と思う方がいるかもしれない。しかし、私は楽しみな半面、ちょっと気が重い。

その理由は爆竹。昨晩、いつもは静かなマンションの敷地内で、あちこちで花火が上がったり、バンバン!と爆竹が鳴った。春節まであと1週間になったからだろう。

もしかして、春節が終わるまで毎晩爆竹を鳴らし続けるのか?
春節までまだ数日ある昨日でこれじゃ、大晦日の晩はどうなる?
午前0時を回ったら・・・?!

考えるだけで恐ろしい。きっと、KAZが怖がって大泣きするに違いない。大晦日は大人も子供も徹夜だと聞く。一晩中大騒ぎされたら眠れやしない。私の取り越し苦労で終わって欲しいものだが・・・

しかし、夕べ、「玄関に飾るように。」と正月飾りを持ってきた大家さんの奥さんに、「春節は爆竹音がすごいから、KAZに注意してあげて。」と言われた。その言葉で一気に不安が増す。上の階にはKAZよりずっと小さい、生後間もない赤ちゃんもいる。

赤ちゃんや小さい子のいる家庭は、どこも憂鬱だろう。
[PR]
by o-chuck | 2005-02-02 14:06 | 大連紹介


<< 夜泣きでイライラしてしまうママの為に MYKAL(麦凱楽)はマイカル >>