トップイメージ
春節の準備が整う
ついにやってきました、恐怖の大晦日。
私たちは何の対策も見出せないまま、今日という日を迎えた。既に、午前7時頃から遠くの方で爆竹が鳴っている。午前9時前には、マンションのすぐ近くで打ち上げ花火が始まった。

こわごわ迎えた大晦日だが、やはり春節はめでたい。我が家の玄関にも、繊細な細工を施したきれいな正月飾りを飾った。金粉がちりばめられており、なかなか豪勢だ。この際、真っ赤なぼんぼりも欲しいと夫に訴えたが、見事に却下。

つまらん。

大晦日には水餃子を食べるという情報を入手。それならば我が家でも水餃子を作ろうと、スーパーへ買出しに出かけた。早速、餃子コーナーに行くと、餃子のたねが作って売られていたので、「こりゃ簡単!皮につめるだけで手軽に本場の味が楽しめる!」と、餃子の皮(いかにも手作りっぽい)とセットで購入。

こちらの皮は日本で売られている皮とは違い、柔らかくてもちもちっとしている。だから、作っている最中に皮がひび割れすることもなく、水をのり代わりに使用しなくてもくっつく。しかも粉っぽくないので、手が真っ白になることもない。

私がせっせと餃子作りに精を出している間、夫はKAZの世話係に任命。たくさん出来たので、いつもお世話になっている夫の同僚に少しおすそわけ。「大晦日に食べるのよ♪」 一昨日は焼き餃子にして食べてみたが、これが結構おいしかった。

今晩は水餃子だ。そして、日本の紅白歌合戦のような、中国の「大晦日恒例番組」を、鳴り響くであろう爆竹音をバックに見ようと思う。春節用にお菓子とビールも用意した。特にバナナチップは最高だ。

では、皆さん、よいお年を・・・なんて中国でも言うのかな。
[PR]
by o-chuck | 2005-02-08 11:25 | 大連紹介


<< 旧暦の大晦日 夜泣きでイライラしてしまうママの為に >>