トップイメージ
KindyROOが店舗拡大

なんと、KindyROO中山店ができるらしい。KindyROOが大連にできて、もうすぐ1年が経過しようとしているが、中山店ができるとはねえ。詳しいことはまだ不明だが、中山店ができたら一度のぞいてみようかなと思っている。オーストラリア系やらイタリア系やらと、最近やたらめったら外資系幼児教育機関が進出してきている。他にも、音楽教室やら美術教室やら、いっぱい目にするようになった。

私が働いている会社の前にも、幼稚園なのか幼児教室なのか、よくわからないのがあって、毎朝、子供たちが音楽に合わせて踊っている。マンションの郵便受けにも、新しくできた幼稚園の園児募集のチラシが入っていたりする。子供向け英語教室のチラシもよく入る。中国は子供の教育に熱心だ。我が子の教育のためなら、多少の出費も惜しくはないといったところか。これだけ競争が激しければ経営するほうも大変だろうと思うが、店舗を拡大するKindyROOは成功しているいい例なのだろう。

KAZはクッキングファンに通っているが、最近ちょっと進歩を感じるようになった。先生に習った英単語はちゃんと覚えていて、ちょっとは身についてるらしいことがわかった。また、クッキーの生地を麺棒で伸ばすのも上手になった。上達したのだ。KAZが、このクッキングファンを楽しんでいるように、他の子供たちもきっと楽しんでKindyROOに来ているのだろう。これが成功の秘訣か。KAZが何を気に入り、何を気に入らないのかは本当にわからない。ただ、今はKindyROOなのである。
[PR]
by o-chuck | 2007-05-28 15:53 | 幼児教育


<< 言葉の壁が崩壊 永遠にぬいぐるみ >>