トップイメージ
ベビー休憩室
a0009882_22452750.jpg中国人は、赤ちゃんを外に連れ出す習慣がありません。
せいぜい、家の前を散歩するぐらいです。その為か、大連にはベビー休憩室やオムツ替えベッドがほとんどありません。ベビー休憩室があるのは、銀泰百貨・イトキン・百年城・マイカル・VIVO.の5箇所です。特にイトキンは、各フロアーにオムツ替えベッドが設置してあります。でも、日本の授乳室のように、お湯のサービスがある所はないので、必ず粉ミルク用のお湯は持参して下さい。
私は今まで、休憩室で他の赤ちゃんと出会ったことがありません。その代わり、子供がベッドで寝ているのを見ました。大連のオムツ替えベッドは細長く、大きい子供でも寝られるようになっています。
もしかすると、あれはオムツ替え用ではなくて昼寝用のベッドなのかもしれません。
[PR]
by o-chuck | 2004-08-07 22:47 | ベビー情報


<< おしりふき 中心医院日本人医療相談室 >>