トップイメージ
大連人は赤ちゃんがお好き
中国人(大連人)は、非常に赤ちゃん好きです。電車の中、レストラン、スーパー、とにかくどこにいても、「可愛い! 男の子、女の子? 何ヶ月?」と集まってきます。それこそ、老若男女問わず、子供までもが寄ってきます。最初は面食らいました。

日本でも、たまに声をかけられることはあります。カフェや電車などで、たまたま居合わせた人たちに「可愛いね。」ぐらいは。「こんなに可愛い赤ちゃんは、そんなにいらっしゃらないんじゃないんですか?」などと、気恥ずかしいことも言われたこともあります。でも、そういうのとはちょっと違うんです。

店員が、他の店員に「おーい、赤ちゃんがいるよ。」と声をかけ、他の店員が「どれどれ。」と寄ってくることもしばしばです。皆、単に「可愛いね。」と眺めるだけではなく、KAZに商品を手渡してみたり、あやしたり、抱っこまでしたりもします。KAZが笑うと、「笑った、笑った!」と皆で大喜びします。

レストランで食事をしている時も、KAZが「ふぁーん!」と声を出すと、「おっ、あそこに赤ちゃんがいるぞ。」と気づいた人たちがわざわざあやしにやってきます。通りすがりでもなんでも、それが無愛想な若いお兄さんだろうと怖そうなタクシー運転手であろうと、KAZを見るなり、「赤ちゃんだ~。」ってもうメロメロ。
[PR]
by o-chuck | 2004-08-19 11:21 | ベビー情報


<< 大連のバス おしりふき >>