トップイメージ
大連式 道路の渡り方
大連では、信号機未設置のところがとても多いです。市の中心には信号がありますが、少し外れると全くありません。横断歩道はあっても、そこに立っているからといって、車が徐行してくれるわけでもないので、あまり意味はありません。大連に来たばかりの頃は、車がビュンビュン走っている道路を渡るのが本当に怖かったです。

日本の、「横断歩道でない所は渡るな。」、「信号は守れ。」、「歩行者優先。」といった交通ルールは、大連では通用しません。はっきり言って無意味です。少なくとも、「歩行者優先。」という考え方は非常に危険です。大連では、子供に交通ルールを教えるのは不可能でしょう。子供には、「交通量の多い道路を渡る時のタイミング」を、体で覚えさせるしかありません。

私も、だいぶそのタイミングがつかめてきました。ベビーカーを押してだって渡れます。あまり誇れることではありませんがね...。
[PR]
by o-chuck | 2004-08-25 11:03 | 交通事情


<< 赤ちゃんにハイハイをさせない中国人 大連のバス >>