トップイメージ
ベビー休憩室
a0009882_22452750.jpg中国人は、赤ちゃんを外に連れ出す習慣がありません。
せいぜい、家の前を散歩するぐらいです。その為か、大連にはベビー休憩室やオムツ替えベッドがほとんどありません。ベビー休憩室があるのは、銀泰百貨・イトキン・百年城・マイカル・VIVO.の5箇所です。特にイトキンは、各フロアーにオムツ替えベッドが設置してあります。でも、日本の授乳室のように、お湯のサービスがある所はないので、必ず粉ミルク用のお湯は持参して下さい。
私は今まで、休憩室で他の赤ちゃんと出会ったことがありません。その代わり、子供がベッドで寝ているのを見ました。大連のオムツ替えベッドは細長く、大きい子供でも寝られるようになっています。
もしかすると、あれはオムツ替え用ではなくて昼寝用のベッドなのかもしれません。
[PR]
# by o-chuck | 2004-08-07 22:47 | ベビー情報
中心医院日本人医療相談室
a0009882_11483974.jpg私たちはAIUの海外旅行保険に入っています。
大連の病院で、私が把握しているキャッシュレスの病院は、沈陽鉄路局大連医院大連市中心医院日本人医療相談室です。
中心医院は大連市直轄の総合病院で、海外邦人医療基金が派遣した日本人医師が常駐しています。3日前からKAZが下痢気味なので、今朝、この中心医院にKAZを連れて行きました。小児科ではないけれど、日本人医師が常駐していて、しかもキャッシュレスなので連れて行くことにしました。念のため、パスポートと母子手帳とお薬手帳(KAZが今までに服用した薬が記されている。)を持って行きました。
ドクターは、KAZのお腹に聴診器を当て、「そんなに悪くはないようだね。」と言って整腸剤(写真)をくれました。KAZが今までにかかった病名を聞かれたので、KAZは以前、ロタウィルスにかかったと言うと、「それは中国で?」と質問されました。私が日本でだと答えると、「日本で言われたのなら、ロタウィルスだろう。中国は病気を作るからね。」とドクター。

中国は病気を作る?

「中国は、お腹が痛いと言ったら、盲腸でもないのに盲腸だと言って切っちゃうからね。」

!!! 本当ですかー???  先生、本当に本当なんですかーーーー!!!

う~ん、恐るべし、中国。
[PR]
# by o-chuck | 2004-08-06 23:23 | 医療事情
大連のタクシー
大連では、タクシーがとても便利です。そこらじゅう走っているし、モールや有名な建物の前には必ず止まっているので、タクシーを捕まえるのに苦労はしません。また、値段も他の都市と比べて安く、ワンメーター 8元(約112円)です。きちんとメーターがついているので、ぼったくられる心配はありません。

また、タクシーに乗る時は10元札や20元札を必ず用意しておいて下さい。100元札を出して何も言わない運転手もいますが、大抵は「細かいのはないのか?」と聞いてきます。せめて、50元札程度だったら何も言わないかもしれません。

ほとんどのタクシーにはエアコンがない為、窓を全開していますが、中には日よけやエアコンがあるタクシーもあります。私が昨日乗ったタクシーが、行きも帰りもエアコンつきのタクシーだったので、非常に快適でした。肝心のサービスは人によります。後ろのトランクに荷物の出し入れをしてくれる運転手もいれば、「勝手に入れて、勝手に出してくれ。」という運転手もいます。

ただ、どの運転手も運転が乱暴で、急ブレーキなんてしょっちゅうです。その為、助手席より後部座席に乗った方が安全です。追突事故を起こされて、むちうちになった日本人ビジネスマンもいると聞きました。それに、後ろに座った方が、運転手に財布の中を覗かれないですみます。100元札を崩したくてわざと出す場合は特に。
[PR]
# by o-chuck | 2004-07-28 14:24 | 交通事情
第2回 赤ちゃんの会
今日は「赤ちゃんの会」の日でした。
本当は3回目だけれど、2回目は、私たちが日本へ帰っている間にあったようで、欠席となりました。2ヶ月ぶりに皆と会ったら、「わー、KAZくん、大きくなったね!」と言われました。「名簿を見たら、KAZママさんの住所が載ってないから、連絡取れないじゃーん!って思った。」とのこと。どうやら、我が家に遊びに来たいらしく、次回は我が家で「赤ちゃんの会」開催となるかな。でも、うちのマンションには日本料理店がないので、ランチは、以前ここで紹介した「楽楽快餐」だよ?
今回の会場は、某日本人向けマンションのプレイルームで行われました。近くにはラウンジやジムもあり、日本の新聞やビデオ、雑誌なども置いてありました。プレイルームには、滑り台やボールプール、おもちゃなどがあり、KAZを思いきり遊ばせようと思ったのに、KAZったら泣いて私のそばから離れようとしませんでした。2ヶ月あいたら、皆の顔を忘れちゃったかな? ランチは、予約していた日本料理店の座敷(畳だった!)で頂きました。私は冷やし中華(25元)を食べたけれど、とてもおいしかったです。
我が家から、ここのマンションまではタクシーで15分(17元)ぐらいなので、いつもここで「赤ちゃんの会」をやってくれないかなー。 「赤ちゃんの会」のメンバーが1人、上海に引っ越すことになり、メンバーは入れ替わり立ち代わりです。
[PR]
# by o-chuck | 2004-07-27 16:50 | ベビー情報
中国の紙オムツ
a0009882_23354296.jpg中国では、紙オムツは高級品です。誰でもかれでも買える代物ではありません。紙オムツはよくない」という考えもあるようで、同じマンションの住人の中でもお尻丸出しの赤ちゃんがいます。それなら、布オムツを使えばいいと思うのですが、それすら使わない人も結構います。中国では、公共の場所でお尻丸出しの子供を見かけるのは、決して珍しいことではありません。大連でもそうなのだから、田舎はもっと多いことでしょう。a0009882_2152727.jpg


私たちは、今まで色々な中国の紙オムツを試してみました。幸い、少量のお試しパックがあるので、最初はそれで試してみることをお勧めします。紙オムツはピンからキリまであって、一番高いものになると、日本で買うより高級品です。一番安いのでも、「日本で買うよりちょっと安い」程度なので、いかに紙オムツが中国人にとって高級品か、よくわかると思います。
色々試した結果、私たちが最終的に選んだ紙オムツは、ユニチャームのマミーポコ (写真下)です。値段的にも質の良さという点でも、マミーポコが一番お勧めです。これに至るまで失敗もありました。日本でも超人気の、アメリカの某メーカーの紙オムツは最悪でした。通気性にこだわるあまり、(写真上)のような紙オムツになってしまい、いつもメッシュの部分から漏れていました。この製品もピンからキリまであり、安物を買ったのがいけなかったのかもしれませんが、ブランド名を信じて買ったのに...。
基本的に、同じ製品でも、日本で売っているものとは違うと考えた方がいいです。
[PR]
# by o-chuck | 2004-07-26 20:56 | ベビー情報
日本で予防接種
昨日、日本から戻ってきました。
行きも帰りも小さな飛行機だったので、バシネットがなく、KAZは座席に寝かせていました。私たちが乗った南方航空は、北方航空と合併したらしいのですが、機体にはまだ北方航空と書いてある為、合併したことを知らなかった私は一瞬、「間違えた!」と非常にあせりました。
日本滞在中、私はKAZを小児科へ連れて行き、検診を受けさせました。ミルクしか飲んでいないにも関わらず、体重は平均並みで順調に育っているとのことでした。また、大阪府医師会予防接種センターでポリオの2回目も済ませました。そこは上本町にある予防接種の専門機関で、赤ちゃんから大人まで誰でも接種できます。KAZのような海外在住の乳幼児におすすめです。予防接種は予約制で、毎週火曜日と第4木曜日にやっています。KAZは、大連へ引っ越す前に可能なかぎりの予防接種を受けました。まだまだたくさん受けなくてはいけないけれど、ポリオは集団接種だから、どこの病院でも受けられるというものではない為、上本町まで行きました。
[PR]
# by o-chuck | 2004-07-05 00:38 | 医療事情
初めての病院
先日、私の不注意で、KAZが高さ30cmのベッドから転落してしまいました。
大丈夫そうだったけれど、念のため、夫の会社の中国人社員と一緒に児童医院に連れて行きました。児童医院とは普通の小児科とは違い、子供専用の病院で、救急もやっています。言葉がわからない私たちに代わり、中国人社員の方が通訳をしてくれました。医者はKAZのお腹を押したり、手足をぐるぐるまわしたりして、「異常はないようだ。」と言ったので、特に精密検査などは受けませんでした。しばらく様子を見て、異常があるようなら精密検査を受けさせるつもりだけれど、今のところは元気です。
[PR]
# by o-chuck | 2004-06-14 10:05 | 医療事情
第1回 赤ちゃんの会
今日、「赤ちゃんの会」に行ってきました。
赤ちゃんの会とは、1歳以下の赤ちゃんがいる日本人駐在員の奥様たちの会です。ついこの間までは、幼稚園に入るまでの子供の会だったのが、今月から分裂して「赤ちゃんの会」が誕生したそうです。メンバーは、私とKAZを入れて8人の赤ちゃん(男女4人ずつ)とママ。一番小さい子は6ヶ月半で、一番大きい子は1歳1ヶ月。1歳の双子ちゃんもいました。第一回は、日本人向け高級マンションのお宅でありました。私がタクシーで来たと言うと、「えー、すごーい! もしかして中国語が話せるんですか?!」と非常にびっくりされたのが印象的でした。お昼に出前の(というより、ルームサービスのような)和食(40~45元ぐらい)を皆で食べ、第一回が無事お開きとなりました。お土産に、1階のお店でシュークリーム(12元)を買いました。ここは日本製品が豊富で、しかも日本語が通じます。
久しぶりに日本語で買い物をしたな。
[PR]
# by o-chuck | 2004-05-28 16:55 | ベビー情報
メディカルチェック
今日、ビザの書き換えの為、メディカルチェックを受けに行きました。KAZは赤ちゃんだから免除。費用は274元で、他にパスポートと4x3cmの写真2枚が必要でした。チェックは非常に簡単で、幾つかの設問と内科検診、血液検査、X線でした。ナースは片言の日本語をしゃべっていたけれど、中国語がわからない方は現地の人についてきてもらった方が安心。
[PR]
# by o-chuck | 2004-05-17 19:13 | 医療事情
赤ちゃんが飛行機に乗る
a0009882_231647.jpg5月4日の午後、私たちはついに大連へやって来ました。
KAZは飛行機に乗るのは2度目だけど、国際線は初めてでした。大連へ赤ちゃん連れで来られる方は、搭乗する前に一度オムツ替えをし、機内でもう一度オムツ替えをすることをお勧めします。授乳に関しても同じです。なぜなら、大連の空港にはオムツ替え台も授乳室もありません。機内では、「バシネット」という赤ちゃん用のベッドを利用すると、親も赤ちゃんも快適に過ごせます。KAZはそのバシネットでずっとねんねしていました。日本の航空会社はその他、紙おむつやベビーミールなど、赤ちゃんに関するサービスが充実しています。粉ミルクを飲む赤ちゃんがいる方は、客室乗務員に頼めば調乳もしてくれます。でも、中国の航空会社は日本の航空会社ほど、サービスは充実していません。それでも、バシネットはあるようなので、ぜひ利用して下さい。
[PR]
# by o-chuck | 2004-05-16 19:24 | ベビー情報