トップイメージ
初めての分数
先日、KAZが塾で分数を習ってきたので、その日のうちに軽く家で復習をさせた。KAZは「僕は分数が苦手なんだ。」と言うので、私はすかさず反論した。「今日、習ってきたばかりなんだから、できなくて当然なんだよ。この段階で、分数が苦手だと決め付けるのはおかしいよ。」と。しかし、彼は続ける。「でも、塾で当てられた問題は全部間違えた。他の子は正解ばかりだったから、僕は恥ずかしくてもう手をあげる勇気がなくなってしまった。」

「そうなの。でもそれは、その子たちが予習をしてきているからかもしれないし、学校で既に習っているからなのかもしれない。あるいは、とても飲み込みの早い子たちなのかもしれない。あなたが1度習っただけでは理解できないなら、家で何度もやればいい。あなたができるようになるまでね。」、私はそう答えた。

今はまだ、分数をよく理解していないので、来年の組み分けテストまでにコツコツやるつもりでいる。そのうちきちんと理解して、分数の計算も満点が取れるようになると思うのだが、そうなるまでに頑張った彼の努力を私は決して忘れない。そして彼自身も、同じ問題でまた間違えてしまい、悔しくて流した涙を、きっと懐かしく思い出すことだろう。

KAZは言う。「僕、すぐ泣くんだ。」

「知ってる。」私が答える。

「でも、すぐ笑うんだ!僕!」
[PR]
# by o-chuck | 2012-11-25 13:44
2つのテスト
今月は2回もテストがあった。ひとつは塾の定期テストで、もうひとつは初めての公開模試。公開模試は算数がよくできていたが、国語はあまりできていなかった。とはいえ、めちゃくちゃ悪いということもなかったので、これから挽回できればいい。

定期テストのほうは、今ひとつの成績だったにも関わらず、クラスが落ちることもなく、現状維持だったので驚いた。速報で結果を知っただけで、成績表はまだ頂いていないのだが、みんなあまり良くなかったのかなあ。それにしても、今ひとつの成績だったのに現状維持なんて、クラスは本当に関係ないんだなあとしみじみ思う。

あの成績で、「やった!現状維持!」などとKAZに浮かれてしまっては困る。私、厳しいかな・・・
先日、塾のアンケートで、私は「目標はクラスの現状維持。」と書いてしまった。反省。もう、KAZが最上位のクラスに在籍していることぐらいで喜んでいてはダメだ。次の目標・・・そうだな、国算2強科で、偏差値60点をとることかな。次回のテストは来年の1月。まだちょっと先だ。
[PR]
# by o-chuck | 2012-10-30 16:03
質が異なる授業内容
先日、KAZが、学校から国語のテストの答案を持って帰って来た。それは読解問題のテストで、私が満点かあと思いながら見ていると、「4番を間違えた人はとても多くてね。もしかすると、4番の問題が正解だったのは僕ともう一人だけだったかもしれないんだ。」とKAZが言う。4番・・・?それは、文中から答えを抜きだす問題だった。

「そうなの?それはすごいね。KAZはいつも塾で難しい問題をやっているから、それに比べれば学校の読解問題なんて、簡単なんじゃないの?」と私が聞くと、「うん、へっちゃら~♪」とKAZは明るく答えた。学校で行うテストは基礎力を問う問題なので、しっかり基礎ができていれば、さほど難しくはないだろう。とはいえ、やや発展的問題もあるだろうから、それが4番だろうか。

塾での勉強はまったく異質である。「学校で成績がいいから塾でもいい。」ということは決してなく、塾で勉強しているから、学校の成績も上がるというものでもないように思う。なぜならそれは、KAZが通う塾が進学塾だからだ。算数も国語も、学校で習う内容とは大きくかけ離れ、難度の高い問題ばかりをやっている。

特に国語にいたっては、「大人でも難しい」レベルの読解問題だ。夫が、「小学生に、ここまで答えさせないといけないの?」と言うので、私は「難しいことをやらせているのはわかってる。できなくても仕方がない問題だということもわかってる。」と答え、模範解答を片手に、できるだけ模範解答に近い解答をKAZから導き出す。

私が、「誰が?」「誰の?」「いつ?」と細かくKAZに質問すると、彼は「先生と同じことを言う~」答える。先生もやはり、細かいところまで解答を導き出そうとしているのだ。「中学受験をしようと思ったら、こんな問題もやらないといけないのかなあ。」と夫がよく言うのだが、まさにそのとおりだと思う。

わかりきったことではあるが、KAZが通う塾は「受験指導の塾」であり、単なる成績向上のための塾ではない。最近、それをしみじみ痛感しており、「塾で先に学習したから、学校の勉強がおろそかになる」という心配はうちにはないと考えている。そもそも、先取り学習とは言えないもの。質が違うんだから。
[PR]
# by o-chuck | 2012-10-01 12:01
母の奮闘~読書をさせよう~
KAZはちっとも図書館に行こうとしないので、私が適当な本を彼のために数冊選んで借りてくる。そして、何も言わずにリビングテーブルの上に置いておくのだ。そうすると、「あ、何か借りてきたの?」とKAZは本を手にする。そういうことを何年も続けてきたのが功を奏したのか、最近では「この本、面白かった。シリーズで読みたいから続きを借りてきて。」と催促するようになった。また、「お母さん、これらの本はもう読んだから、家で読む本をまた借りてきて。」と言い、KAZは学校で読む本と家で読む本を分けている。

私が選んだ本を、KAZに「面白い。」と言ってもらえると嬉しいので、私も本選びに懸命になる。そしていつか、自ら図書館へ足を運び、自分で選ぶようになってくれるのを期待している。KAZが学校の図書室で見かけたけれど借りなかった本などを、偶然私が借りてくると、「この本、読んでみたら面白かった。」と見直すきっかけにもなっている。

そして、だんだんと字ばかりの本も読むようになり、最近は中学年向けの本を読んでいる。今までは、挿絵が豊富な低学年向けの本ばかりを好んでいたので、こういった成長が私は何より嬉しい。読書と塾の授業のおかげで、以前より語彙力や読解力がついてきたように思う。塾の国語の授業は、文章を書かせる問題ばかりで大変なのだが、このような「訓練」で実力がついてきたのだろう。

さて、来月はいよいよ初めての全国模試を受ける。去年から言っていたように、この日をひとつの目標にがんばってきた。なにせ初めての全国模試だから、結果を色々分析して、今後の勉強に役立てるつもりだ。KAZは塾内では上位にいるが、果たして「外」ではどうだろう? わからない。わからないからドキドキする。
[PR]
# by o-chuck | 2012-09-26 11:43
エコ意識高まる
つい先日から、やっと我が家の太陽光発電システムが稼動し始めた。稼動してからずっとぐずついた天気が続いているので、効率のほどはまだよくわからない。自治体から支給される助成金申請に時間がかかったり、太陽光パネルの入荷待ちや電力会社との契約の関係で、稼動時期が大幅に遅れてしまったのだ。

今回、太陽光パネルを設置してわかったことは、小雨や曇りの日でも意外と発電するということだ。少なくとも冷蔵庫ぐらいは動かす発電量はあるのだから、たいしたもんだ。さすがに、ザーザー降りはダメだけどね。しかし、夕陽でもわずかに発電するし、これは電気代の大幅値下げが期待できるかな?

家族みんな、毎日発電量を気にしており、私もわくわくしながらチェックしている。モニターを見ながら、「今日はあまり発電していないから、テレビをつけるのを控えようかな?」と思ったりして、いつも以上にエコを意識するようになった。

助成金が支給される条件として、2年間、自治体へ報告書を出さないといけないのだが、個人的にも記録をつけていきたいと思う。また、KAZにも「色々な角度から調べて、来年の自由研究にしなよ!」と、話している。彼が本当にするかどうかはわからないけれども。

主婦としては、初期費用に多額のお金がかかったのだから、何年で元が取れるのかもおおいに気になるところではある。・・・ではあるが、やはり社会に貢献しているという気持ちがあるので、何年で元が取れるか?という計算はやめておこう。
[PR]
# by o-chuck | 2012-09-25 18:15
夏休みを振り返る
長かった夏休みが終わった。今年は、理科実験教室の野外実習と子ども会のキャンプが主な旅行だった。野外実習も富士山でキャンプだったので、今年の夏はキャンプづくしだった。子ども会のキャンプは、私も付き添いで行って来た。たぶん来年以降は、塾の夏期講習の日程の都合で、キャンプは今年が最初で最後の参加だろうと思う。KAZと夫にはそのことを伝えてあるが、子ども会のメンバーには言っていない。

約3年、KAZは子ども会に所属しているが、だんだんと私の望んでいる子ども会ではなくなってきているように感じる。高学年になると、脱会する子どもが多くなると書いたことがあるが、それもわかるような気がする。同じ小学生といえど、やはり1年生と6年生じゃ全然違うのに、子ども会では全学年同じことをするからだ。

だんだん子どもの興味が薄れ、勉強やスポーツなど、他のことに関心を持つようになって脱会していくのは仕方がないのかな・・・。低学年にあわせると高学年はつまらないし、高学年にあわせると低学年にはきつすぎる。いっそ、2グループに分けて活動したらいいと思うが、なかなかそれも難しいだろう。

私の望む子ども会。それは上級生は下級生の面倒を見る子ども会。5年生以上になったら、今までみたいに受け身の姿勢ではなく、学生をフォローする立場になって欲しいのだ。キャンプの付き添いに行って、そう思うようになった。KAZには、下級生の世話をしたり、集団の中でリーダーシップを取れるような男の子になって欲しいのだ。

小学生時代に頑張ったことのひとつとして、「子ども会」を挙げられるようになってほしい。でも、今の子ども会のままでは成長が感じられないんだよね。来月にある、子ども会のアンケートで提案してみようっと。
[PR]
# by o-chuck | 2012-09-04 18:14
漢字練習
先日、書店にいたら、小学3年生ぐらいの児童の保護者の方が、「うちの子は漢字が出来なさすぎだから・・・」と言いながら子どもと一緒に漢字ドリルを買いに来ていた。大きな声で「さすがに1年生のはわかるよね?じゃ、2年生からかな。」と言っていたので、恐らく3年生ぐらいなのだろう。私も常日頃、低学年の頃と比べて3年生になって習う漢字の量がぐんと増えたと思っていた。

KAZに聞いてみると、クラスにも漢字に苦労している子はたくさんいるらしい。そういうKAZも、漢字の練習が最近おろそかになってきている。他にやる勉強が多いからなどだが、そんなことは言い訳にもならず、来月から塾でも漢字の宿題が増える。毎日の算数ドリルに加え、毎日漢字ドリルも行うようになったのだ。

漢字練習のターニングポイントは3年生だというのが私の感想。3年生の段階でしっかり勉強しておかないと、この先どんどん追いつかなくなってしまうだろう。夫は「漢字がわからなくても生きていけるんじゃないの?スポーツ選手になれば、漢字はいらないしさ。」とのんきなことを言うが、読み書きなんて基本中の基本だろうと思う。将来どんな職業に就こうとも、小学校レベルの漢字が書けなかったらだめだろう。

漢字練習は基本だ。生きていく上で、最も必要な知識のうちのひとつ。今後は塾での指導の下、特に漢字練習にも時間をさいて、どんどん他の児童を引き離すぞ。
[PR]
# by o-chuck | 2012-07-25 15:49
客観的に見られない
塾生の数が増えたからか、9月からクラスが4つに増えることになった。先日、そのためのクラス分けテストが実施され、KAZは最上位クラスに決定した。入塾してから1クラスずつ上がっていき、時々はクラス落ちすることもあったが、最近ではすっかり定着している。

KAZは、特に算数がよくできるようで、今回の算数のテストでも偏差値が65点を超えた。国語は普通だったので、そのぶん順位は低いが、それでも2000人を超える受験者の中で、300番代というのはいい方だと思う。私は最近、どこぐらいのレベルの学校だったら合格圏内に入れるかと意識するようになってきた。勉強がよくできると言っても、それは塾内だけの話で、全国的にみるとわからない。

しかも、まだ3年生なので、これからどのぐらい伸びるかもわからない。私としては、もしかするとKAZは理系なのかな・・・とぼんやり考えるようになった。親はどうしても、子どもを客観的に見つめることができない。昨日も、若手俳優の松坂桃李が載っている雑誌を見て、「あれ?なんとなくKAZに似てない?」と夫に言ってしまった。すると夫も、「あ、何となく似てるかも?!」と同調し、「他人に言ったら親バカだって言われるな。」と二人で笑った。

シンケンレッドの頃と違い、現在の松坂君は髪を短くしており、それが何となく雰囲気が似ているような気がしたのだ。大きなほくろも共通点である。似ている・似ていないは別にしても、KAZはルックスがいいことは、私の中では変わらない事実。一応、知人の女子大生も「KAZ君はカッコいいですよ!」と太鼓判を押してくれてはいるが、私たちは世間的に見て、相当な親バカなのだろう。
[PR]
# by o-chuck | 2012-07-16 14:23
退会
しばらく塾と通信教育を併用していたけれど、ついに塾一本に絞ることにした。毎日追われるように勉強していても、期限までに添削問題を送ることができなくなり、睡眠時間も短くなってしまったからだ。そのためか、過去に二回ほど頭痛を訴えるようになった。遊ぶ時間やテレビを見る時間などを削れば、もっと早く寝られたのだが、それはなかなかできなかった。

だから、8月号から退会することにした。家計の負担もそのぶん減るし、これからはゆっくり読書させる時間を設けようと考えている。最近、KAZはよく読書するようになった。彼の好みは、専ら低学年向けのやさしい本や図鑑ばかりなのだが、まったく読まないよりはいいだろう。知識が増えるし、読解力もつくので、今まで通信教育に費やしていた時間を睡眠や読書の時間にあてたいと思う。

先日、テレビで「高学歴貧乏」という特集をやっていた。それを見ていて、子どもにとっては何をさせるのが一番いいのかと考えさせられた。以前、金八先生の再放送を見ていたときも、同じような話があった。高学歴だからといって、高い給料をもらえるわけではないという授業のシーン。では、私は息子に何をすべきなのか?このまま進学塾に通わせて中学受験をさせることがいいことなのか、悪いことなのか?時々わからなくなる。

しかし、私が重視しているのは、高学歴(有名大学卒)ということではなく、そこにいたるまでのプロセスだ。結果ではなく過程なのだ。多感な時期に、最も素晴らしい環境で色々学んで欲しいと願う。そのためには、私はいったい何をすればいいのか?それを常に考え、修正すべきところは修正していく。KAZの心身の健康を一番に考えながら。勇気を持って。
[PR]
# by o-chuck | 2012-06-27 11:03
ふたつの心
夫が、「中高一貫校にはいじめはないのかな・・・」と言うので、「ないことはないでしょう。少ないかもしれないけど。」と、私は答えた。人間色々いるし、一人の人間でも様々な面を持っているからだ。例えば、「アンパンマン」に出てくるロールパンナちゃんは、良い心と悪い心とふたつ心を持っている。作者のやなせたかしさん曰く、「人間には良い心と悪い心があり、ロールパンナはそれを表している」のだそうだ。

先日、KAZをいじめていた児童が転んで大けがをした。日常生活に支障が出るほどで、担任の先生やクラメートの助けを借り、何とか学校生活を送っている。「かわいそうだね。KAZも色々助けてあげようね。」と私が言うと、「うん・・・大丈夫?って言いに行ってるけど・・・」とKAZはうつむき加減。

KAZにも今、ふたつの心があって、良い心は「かわいそうだな。」と感じているけれど、悪い心は、その児童がけがをしている間はおとなしくしていて、自分をいじめないからホッとしているようだ。いくら相手が怪我をしていてかわいそうだとしても、その子には近寄りたくないという気持ちもあるのかもしれない。
[PR]
# by o-chuck | 2012-06-20 13:12