トップイメージ
子ども同士の友情
「クラス替えをすると、必ず一人ぐらいは意地悪をする子がいるんだよね。」と、先輩ママに言われ、そういうものなのかもしれない・・・と思う。実は、ここ最近、KAZがいじめられた。先生は、児童同士のトラブルだのいたずらだのと言い方をし、いじめとはなかなか言わない。だが、私ははっきり「いじめ」という強い言葉を口にした。

KAZは持ち物を2~3回隠されたり、3階から筆箱を落とされたり、首をつねられたりと、もう色々嫌がらせを受けた。極めつけは、そのことを先生や親には言うなと脅すのである。おかげで、KAZは学校生活に強い不安を持つようになり、安心して学校に行けなくなってしまったのだ!「お母さん、昼休みに教室で見守っていて。。」と訴えるKAZを放っておけるわけがない。

そこで、まずは相手の情報収集ということで、先生に色々つっこんで聞くことにした。「相手の親は自分の子がいじめをしていることを知っているのか?」、「相手の子はいったいどんな子なのか?低学年の頃の様子を教えて欲しい。」、「参観日の時、相手の子は授業中ずっと後ろを向いていたが、普段からあんな感じなのか?」などなど、電話で先生と色々話をしているうちに、先生もいじめを認める発言をした。

「彼は低学年の頃も、弱いものいじめをしていた。申し訳ない。」

やっぱりな・・・そういう子なのだ。KAZの話によると、その子は、他の児童からも嫌がられているようである。その後、相手の母親から謝罪の電話があった。KAZとその子は席が非常に近かったのだが、先生はKAZだけ席を替え、二人を遠ざけるという対応をした。クラス中にわかる、あからさまな対応だが。。

そして、先生は言った。「KAZ君と仲の良いA君が、自分がKAZを守ってやると言ってくれています。KAZが先生に言えないのなら、自分が先生にすぐ言いに行ってやるよと。」 私はそれを聞いてすごく嬉しくなり、早速A君のお宅に電話をして感謝の言葉を述べた。「A君は強くて思いやりのあるお子さんですね。本当に感謝しています。ありがとうございます。」と。

こうして温かい友情に支えられ、KAZはまた安心して学校に行けるようになった。
[PR]
# by o-chuck | 2012-06-15 17:47
算数の参観が好き
先週末、学校で授業参観が行われた。数ある授業の中でも、私が最も興味があるのは算数の授業である。特に今年からは少人数授業になったので尚更である。夫はなぜ、算数だけ?と不思議がっているが、算数が一番学力差がつきやすいからだろうと、私は考えている。

3年生のこの時期は、まだそれほど目立った差はないのかもしれない。この時は、繰り上がりのある3けたの足し算と引き算をやった。先生は丁寧にゆっくり教えていて、順番に全員をあてていた。しかし、前から順番にあてていくというやり方はどうなのだろう。あてられるほうの児童は、自分がどこにあたるか事前にわかるので、緊張感がなくなるからだ。

だからといってわかる人に挙手をさせ、積極的な人たちにだけやらせるというのも、義務教育では問題があるのかもしれない。だから、ランダムに当てるのが一番いいと思う。さて、あてられて黒板に答えを書きに行った児童たち。やっぱりと言うべきか、みんな正解である。

しかし、皆の計算速度はまちまちで、速い子はどんどん問題を解いていく。KAZもそのうちの一人で、みんなが問題を解いているさなか、一人鉛筆を置いている。先生がKAZのノートを覗き込み、「もう全部できたの?」と言っていた。私は小声で「み・な・お・し」と言ったら、KAZはああっといった表情でノートに目をやった。

夫は、「やっぱりKAZは計算が速いなあ。」と感心していたが、そんなのは当然である。KAZは毎日、計算ドリルをやっている「努力の人」なのだから。ましてや、進学塾の最上位クラスに在籍していて、その中でも算数は1738人中、133位。男女別にすると1031人中、88位という成績である。「いつも塾では難しいのをやっているから、学校の問題なんて簡単なんだろうなあ。」と夫は言う。

私が思うに、頭がいいとか悪いという以前に、まずはやはり「努力」なのである。KAZの好成績の陰には努力の積み重ねがあるのだ。それが他人には見えにくいだけである。
[PR]
# by o-chuck | 2012-06-12 11:56
現状維持を保つには
今のところ、KAZは塾では最上位クラス、現状維持を保っている。3年生になってから勉強量が増えたので、学校の宿題が少ないことが助かっている。実は、それは先生の配慮で、「習い事などで忙しいでしょうから、宿題は少なめにしています。」とのことだった。しかし、家庭学習をしていないご家庭では不満があるようである。我が家の家庭学習は本当に多いので、しかもそれが毎日なので、そういった努力の積み重ねが現状維持という結果を生んでいるのだと思う。

さて、塾から頂く個人成績表。いつも思うのだが、いいのか普通なのかよくわからない。悪くはないと思うのだが・・・。1737人中191位の成績だったら、喜んでいいんだろうなあ。わかりやすく、これが20以内とかだったらすごいんだろうが、191位ってどうなんだろう?偏差値はまあまあである。

数字より図のほうがわかりやすい。成績分布図を見ると、なかなかいいんじゃないか?と思う。また、KAZが正答率3%の問題に答えられたことに、「すごいじゃないか!」と感心している。順位よりもね。
[PR]
# by o-chuck | 2012-06-08 16:18
鬼ごっこVS消しゴムバトル
自分が小学3年生の頃の男子って、どんなふうだったかなあと考えることがある。あの頃は、男子は乱暴者だと思っていたけれど、自分が男子の母親になってみると、案外そうでもないことがわかってきた。当たり前なんだけど、ひと口に男子っていっても、実に色々なのだ。

他人からKAZは優しい子だとよく言われる。常々、誰かに何か嫌なことをされたら、すぐ先生に言えと言っているのだが、「先生に言ったら、その子を傷つけると思って言えないんだ。」と彼は言う。「それは違うよ。先生に話すことは他人を傷つけることじゃないよ。その子自身のためでもあるんだよ。言わなきゃ、その子はずっと意地悪なままでしょ?先生に話すことでその子は反省し、意地悪ではなくなるんだから。」と、私は説明する。

また、こんなこともあった。「僕は休み時間、教室で消しゴムバトルをやりたいんだ。でも、A君は鬼ごっごがしたいって言う。僕はやりたくない。消しゴムバトルがしたいのに。」 こんな相談に対しては、私はこう助言した。「他にも鬼ごっこがしたい子はいるんでしょ? そして、消しゴムバトルがしたい子たちもいるんだよね?だったら、それぞれしたい子たちだけで集まってすればいいじゃない。たまに、鬼ごっこがしたくなったら、鬼ごっこグループと遊べばいいんだし。」

実に単純なことだと思うのだ。必ずしも特定の友達と遊ぶ必要などなく、同じ遊びをしたい子たちで集まって遊べばいい。それとも、子ども社会ではそうではないんだろうか?もし、鬼ごっこがしたい子が女子ばかりだったら、A君も嫌かもしれないが、男子にも鬼ごっこがしたい子がいるらしい。それに消しゴムバトル派も、男女混合らしいので、それぞれ何の問題もない。もっと、気を楽にして遊んで欲しいものだ。
[PR]
# by o-chuck | 2012-05-30 10:43
時代には逆らえず
我が家もついに太陽光発電システムをつけることになった。電力不足だ、節電だと叫ばれる昨今、我が家も環境のためには太陽光パネルをつけた方がいいんだろうなと、震災後は特に考えるようになった。以前、どこかの地方の市長だったか知事だったか、これからは一般家庭も太陽光パネルをつけることを義務付けると発言したこともあったが、高い買い物だけになかなかそうは簡単にはいかない。

「新築時に考えなかったのか?」と聞かれることもあるが、当時は予算的にそのような余裕はなかった。そう、私の感覚としては、いまだに太陽光発電システムは贅沢品なのだ。これも人によって価値観は様々だと思うのだが、車と太陽光発電システム、高い買い物だけど、必要性があるのはどちらか?と考えたとき、私たちは迷うことなく「太陽光発電システム」と答える。

時代の流れというのかな、今後はやはり自然エネルギー発電だろうなと思うからだ。昨日の朝刊でも、ある有名企業が太陽光発電システム導入という記事があり、世の中の流れはやはり自然エネルギーなんだと実感する。最近見たDVDで、月に大規模な太陽光パネルを置き、そこから地球に太陽光エネルギーを送って皆が生活をしているという近未来の話があった。「結構、これ、SF映画だけの話じゃないんだよ。実際に、こういう研究している人がいるらしいんだ。」と夫が言っていて、私は、もし、これが実現したらすごいなと思いながら見ていた。

車の購入や旅行、息子の教育費など色々お金の使いみちはあるが、それらに優先順位をつけると、まずは太陽光発電システムかなということで夫と相談して決めた。近所の子には「車を買えよ!」と言われるのだが、「買わない!車は絶対買わない!」と私は即効で拒否する。本当は絶対ってことはないのだが、「買え!」と言われると反射的に「買うもんか!」となってしまった。

「もし、車を買うとしたら電気自動車かなあ・・・」と言う夫には、「そうだねえ。」と答える私なんだけど・・・。
[PR]
# by o-chuck | 2012-05-28 10:44
今年の夏休みの予定
ゴールデンウィーク中は塾もテコンドーも休みだったが、理科実験教室だけはあった。だからというわけではないが、今年も特に遠出はしなかった。せいぜいレンタカーを借りてドライブに行ったぐらいなのだが、車に乗ること自体、我が家では非日常な出来事なので、「すっごい旅行した~」という感じがした。例えると、飛行機に乗ったような感覚だろうか。とにかくうきうきわくわくだった。

さて、5月の大型連休が終わると、今度はそろそろ夏の予定が決まってくる。この夏も、子ども中心になるので、特に家族旅行といったものは考えていない。十日間の塾の夏期講習、理科実験教室の野外実習と1日特別実習に加え、今年は子ども会のキャンプにも参加できそうなのだ。選べる理科実験教室の野外実習は、まだ決めてはいないけれども、二泊三日の富士山キャンプにしようかと考えている。

子ども会のキャンプと理科実験教室のキャンプ、今年はキャンプづくしになるけれども、これだけ旅行に行ったらもう十分だろうと思うので、家族旅行は考えていない。たぶん帰省もしないな。子どもにお金をかけ過ぎて余裕がないからね。毎年毎年、夏はそうなるかな?

夫が定年退職したら、長期に渡って夫婦で海外旅行がしたいとか、二人でまた海外で暮らそうかという話を、夫と時々するのだが、そばで話を聞いていたKAZが、「僕も行く。僕は大人になっても、お父さんたちと一緒に暮らしたい。」と言う。「大人になって、外国まで両親にくっついてきたらおかしいよ~」と私は言ったが、案外、KAZもKAZで、将来外国で暮らすことがあるのかもしれない。そのときは遊びに行くよ、絶対。
[PR]
# by o-chuck | 2012-05-11 16:59
3年生になって大きく変わったこと
学校のクラス替え後、KAZはまだあまりクラスに馴染んでいないのかなと思う。今までは、知らない子とでもすぐ仲良くなれたのだが、成長するに従い、少しばかりの変化を感じるようになった。幼少期と違い、だんだんと自分と性格が合う子、合わない子が出てくるのはごく自然なことだろう。

低学年のとき一緒のクラスだった仲良しの子でも、中・高学年になったらあまり遊ばなくなった例はあると思う。低学年の時、KAZが相棒だ!と言っていたある男子。当時の担任の先生に聞いても、クラスの女子に聞いても、あの二人は仲がいいと聞いていた。でも、私は傍で見ていて、本当にそうかな?とずっと感じていた。

そして、それは今でも感じている。KAZはたまに、その男子らと離れて、ひとり教室で読書にふけることがあるという。ちょっぴりかわいそうに思うと同時に、また頼もしくも思う。集団の中でしかいられないのではなく、わずか8歳にして、ひとりでもいられるのは素晴らしいと思うからだ。

勉強のほうはというと、出だしはまあまあなようだ。だんだん習う漢字が多くなり、KAZは覚えるのが大変そうだが、彼なりに毎日コツコツと頑張っている。これからは習字やリコーダー、コンピューターの授業なども始まるらしく、理科と社会の授業の他にも色々新しいことを学ぶようだ。その中でも特に、KAZはコンピューターの授業をとても楽しみにしている。

私が一番驚いたのは、3年生になると、算数の時間に補助の先生がつくということだ。その先生は毎時間いるわけではなく、週に一度、勉強の遅れの出ている子らにつくらしい。また、3年生は学力に差が出てくる頃ということで、そのうち出来ない子は出来ない子で集めて別に教えるというのだ。知らなかったが、公立でもちゃんと考えているんだと感心してしまった。

これならば、九九のできない高校生や分数のできない大学生などもいなくなるのかもしれない。小学生の段階で、学校が学力格差の出ないようにしっかり指導してくれるならば、私も小学生の留年制度が必要だとは言わない。このように色々変化があっても、3年生はまだ下学年と呼ばれる。上学年の4年生以上になったらもっと大きく変わるんだろう。

そういえば、塾の先生も、3年生までは勉強にプレッシャーをかけなくていいと言っていた。春期講習も4年生から始まるし、10代突入の学年だし、ある意味4年生はひとつのターニングポイントなのかもしれない。身体も大きく成長するのかな。
[PR]
# by o-chuck | 2012-04-20 10:29
新年度が始まる
新年度が始まった。KAZは3年生になり、塾の勉強が忙しくなってきた。夏休みには夏期講習が11日間も及ぶので、子ども会のキャンプや理科実験の野外実習参加も難しい。去年の夏期講習は5日間だけだったのが、今年は日数が長い。夏休みは色々なことを考えて日程を調整していかねばならない。実は、去年も一昨年も、子ども会のキャンプは日程が合わず、不参加だった。だから今年は・・・と思っていたのだが、今年は夏期講習と重なるんじゃないかなあ。

勉強も大事なんだけど・・・とは思う。最近、子ども会を退会する家庭が続いた。子どもが高学年になってスポーツや勉強が忙しくなり、子ども会との両立ができなくなったためだ。そういう我が家も、KAZが6年生になったら、塾の授業と重なるようになるため、他人事ではない。それでも、子ども会に一応籍は置いておいて、行けるときに行くという方向で考えてはいる。

最近、金八先生の第二シリーズの再放送を見ていたのだが、その中で印象に残っている金八先生のセリフがあった。「卒業生が言うんだよ。高校は2年までしかないって。その後は受験生になるんだって。きみたちは中学3年生か?それとも受験生か?」

結構このセリフは胸に来た。そういえば確かに進学校ともなると、2年生で高校課程を全部終えて、3年生は受験対策に入る。進学校でなくてもそういう雰囲気は確かにある。「高校生活は2年生までで、3年生はない・・・」、私はそんな考え方をまったくしていなかったので、目からうろこだった。

これは小学生のKAZにも当てはまると思う。彼が6年生になったとき、彼を受験生ではなくて小学6年生として扱い、6年間の小学校生活を最後まで存分に楽しませよう。KAZは小学生。将来中学受験をするにしても、当たり前でかつ、忘れがちなこのことをしっかり胸に刻んでおこうと思う。
[PR]
# by o-chuck | 2012-04-11 10:52
2年生の春休み
現在春休み中。修了式で持って帰ってきた通知表は、前期より◎が4つも増えた。国語と算数はすべての項目に◎がついていたので、とても嬉しい。2年生の春休みは、塾の正規授業は休みで春期講習もない。特に旅行や帰省の予定もないので、KAZは友達と遊んだり、私と公園に行ったりして過ごしている。

KAZが通う学校では、春休み中に離任式があるので、進級前にクラスがわかることになっている。子どもにとっては、誰と同じクラスになるかはとても重要なことだ。学校がどのようにしてクラス分けをするのかはよくわからないが、何となくあの子とは別れて、あの子とはまた同じクラスになるんじゃないかという私の予想が当たったので驚いた。

もし、誰かと同じクラスにしてほしくないという要望があれば、参考にすると先生は仰っていたが、私は何もお願いはしなかった。どこかの中学校で、誰と同じクラスにしてほしくないかアンケートをとったという報道があったが、多かれ少なかれ、やり方の違い、あるいは公式が非公式かの違いで、そんなことは昔からどこの学校でも行われていると思う。

別に良くも悪くもなく、取り立てて大騒ぎすることもないことだと、私は思っている。KAZも、いじめっ子とは同じクラスになりたくないだの、仲良し3人組とは同じクラスになりたいだのと言っていたが、私もふうんって感じで聞いていた。

初めてのクラス替え。子どもにとってはストレスなのだろう。
[PR]
# by o-chuck | 2012-03-30 18:25
テストは点数より直しが大事でしょ
「学校のテストでは何回も百点を取るけど、塾のテストは難しいんだよね。」と、KAZが言ったことがある。そりゃあそうだろう。学校のテストは基礎中の基礎。百点を取らなくては問題だ。しかも、まだ2年生の段階で間違えてばかりいたら、この先心配だ。学校のテストは、いわゆる基礎学力がついているかどうかを見るためのもの。塾とは違う。特に、KAZが通っている塾は進学塾だから、レベルが全然違う。

そんな中、先月、学校で実施された学力検査の結果が返ってきた。国語が97点で算数が98点。だが、受験者数も平均点もわからない上、答案が返ってこないので、難易度もわからないし、テスト直しすらできない。ただ点数だけの個人成績表に、何の意味があるのだろうと疑問に思う。おまけに、コメントも機械的なコメントのため、参考にならない。

「どの問題もよくできています。この力をますますのばしましょう。」だもの。。

「班でKAZが一番だった。」ということしかわからず、2教科合計点195点というのはいいのか普通なのかわからない。わからないから、「百点じゃないのか・・・どういう所を間違えたのだろう?漢字か?計算ミスか?」と考える。

あ~、テスト直しをさせたいなあ!

問題の難易度が知りたいよ~
[PR]
# by o-chuck | 2012-03-14 09:00